はじめての投資におすすめの証券会社3選

お金

こんにちわ!すみぽんです!

投資を始めるためにはまず証券会社に口座を作る必要があります。

日本には1000社以上証券会社があり、それぞれの会社で得意なことと不得意なことがあります。

さまざまな比較サイトがありますが、正直比較したって難しくて答えはわかりません。

この記事では目的ごとに開設すべき証券会社を3つ紹介します

すみぽん
すみぽん

僕は10社以上の証券会社に口座を開設していますが

その中で選りすぐりの3社を紹介します

結論

老後のために資産を増やしたい なら 楽天証券
月々の収入を増やしたい なら SBIネオモバイル証券 と SBI証券
がおすすめ!(3社の併用もOKです!

それでは証券会社の選び方、投資目的ごとの投資方法、選んだ理由を解説します。

スポンサーリンク

証券会社を選び方|コストが安いネット証券を選ぼう!

はじめて投資するときの一番のポイントはコストが安い証券会社を選ぶことです。

コストとは、株や投資信託の売買手数料、管理報酬などです。

街中で見かける証券会社は、お店や人件費などの費用がかかるため手数料がとても高いです。

そのため、店舗を持たず手数料が安いネット証券を選ぶことをおすすめします!

スポンサーリンク

目的ごとの投資法|目的に合わせた投資方法を理解しよう!

投資を行うときに最初に考えるのは、投資をする目的です。

投資する目的によって、投資する手段が変わります。

今回は目的を大きく2つに分けて説明します。

投資は自身のリスク許容度の範囲で行うようにしましょう

目的=老後のため なら 投資信託 がおすすめ

投資の目的が老後のためなら、投資信託がおすすめです。

投資信託とはいろんな株を詰め合わせたお弁当のようなイメージです。

投資額は100円から自由に選択でき、同じ内容のお弁当を好きな量だけ購入することができます。

株は1種類購入するために数万円~数百万円かかるので、何百種類という株を購入することはできません。

いろんな株を購入する方がいい理由は、それはリスク分散になるからです。

Q.リスク分散ってどういうこと

<株を持っているA社が倒産した場合>
 A社の株を10万円持っている → 価値は0円になる
 A社の株を1%含む投資信託を10万円持っている → 価値は9.9万円になる
⇒同じ10万円を持っていてもお弁当パックの方が値下がりのリスクが少なくなります。

倒産や価格の下落のリスクを分散するため1種類より複数に投資するのが良いといわれています。

投資信託は今から投資を始める人にはぴったりの投資法といえると思います。

ちなみに、投資信託での利回り(1年の値上がり)は平均で約3~5%程度が期待できます。

・投資信託は株の詰め合わせを好きな量購入することができる
・長期投資向きの投資法

目的=月々の収入 なら 高配当株投資 がおすすめ

月々の収入を増やしたいのであれば、高配当株投資がおすすめです。

株を購入すると配当金を受け取ることができる場合があります。

日本では年に1~2回、アメリカでは年に4回以上の会社があります。

株の価格に対する配当金の割合が高い株を高配当株と呼んでいます。

「高配当株」の明確な基準はありませんが、年間3.5%以上の配当が出る会社を高配当と呼ぶことが多いかと思います。

前述の投資信託では、分配金(配当金と同じようなもの)を自動で再投資しているため、原則配当金を受け取ることができません

投資信託は、長期的に値上がりを期待できる商品ではありますが、月々の収入を増やすことはできません。

高配当株投資の利回りは株によりますが平均で約3~6%程度が期待できます。

・高配当株は、株を保有することで配当金を受け取る投資法
・月々の収入を増やしたい人向きの投資法

投資信託|楽天証券がおすすめ!

投資信託の積立投資には楽天証券がおすすめです。

毎月5万円までの積立投資を楽天カードで決済することができます。

楽天カード決済のため、楽天ポイントが1%貯まります

またつみたてNISA口座を開設すると20年間利益を非課税にすることができます

投資信託のおすすめ

・証券会社は楽天証券
つみたてNISA口座を開設する
・毎月5万円楽天カードで購入する(ポイントが1%還元される

高配当株投資(国内)|SBIネオモバイル証券がおすすめ!

高配当株投資で国内の株を購入するにはSBIネオモバイル証券がおすすめです。

国内の株は購入する株の単位が決まっており、だいたい100株単位で購入する必要があります。
(1株1000円の株は、1000円では購入できず、100株購入するため10万円必要になります)

SBIネオモバイル証券では、1株単位で国内の株を購入することができます。

そのため、さまざまな株に分散して高配当株投資を行うことができます

なお、SBIネオモバイル証券では基本的に価格を指定しての購入(指値)ができないため注意が必要です。

高配当株投資(国内株)のおすすめ

・証券会社はSBIネオモバイル証券
・国内の株を1株単位で購入可能
※指値での購入は基本的にできない

高配当株投資(米国)|SBI証券がおすすめ!

高配当株投資でアメリカの株を購入する場合はSBI証券がおすすめです。

SBI証券では、住信SBIネット銀行からドルを入金することで手数料を他社の1/10程度に抑えることができます

アメリカの株を購入する際にはドルで購入する必要があります。

楽天証券などで購入する場合には、円からドルへの両替手数料が1ドルあたり25銭かかります。

つまり100万円分購入する場合には、両替の手数料だけで2,500円かかります(1ドル=100円の場合)
(売却後に円に両替するときにも同様の手数料がかかります)

住信SBIネット銀行で外貨積立した場合、両替の手数料は1ドルあたり2銭になります

くわしくは下記の記事で説明しています。

高配当株投資(米国株)のおすすめ

・証券会社はSBI証券
・住信SBIネット銀行から入金すると手数料を1/10に抑えることができる

まとめ

投資をするために、まず手数料の安いネット証券で口座を開設しましょう

投資信託の楽天証券、国内株のSBIネオモバイル証券、海外株のSBI証券で使い分けるとコストを抑えることができます。

ちなみに僕は上記の3つの証券会社すべてで口座を開設しています。

みなさんも今日から投資の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました